takeRooom

カテゴリ: AKB

akb48-3


■「初森ベマーズ」テレビ東京、金曜深夜0時12分

 「みんなでドラマをやる夢がかなってうれしい。でも、女子ソフトボールのお話なのですが、私は子供の頃から球技全般が苦手で…。ボールが飛んでくるのが怖いんです」

 アイドルグループ、乃木坂46のメンバーが総出演するスポ根ドラマ。ただ、自身の球技下手は、同じテレビ東京系で放送されていた冠バラエティー番組「乃木坂って、どこ?」で特集されたこともあるほど。

 「でも、練習して、少しずつできるようになってきました。撮影が進むにつれて、うまくなっていくんじゃないかな…と期待しています」

 弱小チームの成長を描く物語。それを地でいくように、苦手意識の克服に悪戦苦闘しているようだ。

 さびれた下町の再開発計画が持ち上がり、ななまる(西野七瀬)ら少女たちは、憩いの場、初森公園の取り壊しを阻止するため、素人チームの初森ベマーズを結成。再開発を進める大企業会長の娘、キレイ(白石麻衣)が率いるポラリス学園に挑む。

 演じるアカデミー(役名)は演劇部に所属する演技好きという設定で、「変わり者という点では自分と一致している」と語る。炎天下での撮影には「私は夏が嫌いで、引きこもっていたい方なので…(笑)」と苦労をのぞかせつつ、「のどを守る感じでタオルを巻いてみたり、『演劇部っぽさ』を織り込んでいます」と、役作りを楽しんでいる。

 平成23年夏のグループ結成から間もなく4年。自身は今年5月、1年に及んだAKB48との兼任を終え、ドラマ主題歌にもなった新曲「太陽ノック」で、7作ぶりにセンターを担当。「以前とは気持ちも表現力も変わったと思う。緊張も不安もワクワクもあります」と語る。

 年1回の舞台公演がグループの特色だが、演技には苦手意識もあったという。だが、AKB48との兼任などを通じて、仕事への意識も変わってきたようだ。

 「アイドルはいろんなことにチャレンジできるのだから、『遠慮しちゃだめだ』と最近、思えるようになってきました」。経験を重ね、ひと回り成長した乃木坂46の象徴的存在は、ドラマでもその魅力を発揮してくれることだろう。(三品貴志)

 ◆〈いこま・りな〉平成7年生まれ。秋田県出身。23年、乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格し、翌年のシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。デビュー作から5作連続でセンターを務め、以降も選抜メンバーで活躍。昨年4月~今年5月にはAKB48チームBも兼任した。

akb48-2

 歌手板野友美(23)が、東京・福家書店新宿サブナード店で12日に行う予定だったフォトブック「Luv Uハート」の発売記念イベントを延期することが11日、決まった。所属事務所が発表した。

【写真】三村撮影ともちん&こじるり写真に称賛の「変態」

 ファンミーティングイベントに出席するため、訪れていた中国・上海を襲った台風の影響で、11日の帰国便が欠航になったためで、現在も上海で足止めを食らっている状況だ。イベントは日をあらためて行う予定という。

 板野は1日に神奈川・鎌倉の由比ケ浜海水浴場で、シングル「Gimme Gimme Luv」の発売イベントを行ったが、あいにくの大雨と強風に見舞われ、ラジオ番組の収録中には停電も起きた。板野は「『嵐を呼ぶ女』と呼んで下さい」と苦笑いしていたが、再び悪天候によるトラブルに見舞われてしまった。


 NMB48の12枚目のシングル『ドリアン少年』(7月15日発売)でセンターを務める須藤凜々花が、オーディション情報サイト「デビュー/Deview」のレコメンドインタビューに登場。将来の夢は哲学者で、趣味の『麻雀』で冠テレビ番組を持つという個性派メンバーに話を聞いた。

NMB48 須藤凜々花インタビューへのリンク

 第1回AKB48グループドラフト会議において、NMB48チームNの1位指名を受け、東京から大阪に拠点を移してNMB48に加入した須藤。それから約1年8ヵ月、「センター」大抜擢への想いは強い。「センターって一番注目される場所なので、発言に気をつけたり大人しくするんじゃなくて、逆に先輩たちでは出来ないようなことを、後輩なんでぜんぶやっちゃおうと思っています。失うものは無いので攻めの姿勢で、今年の書初めも『全ツッパ』って書いてあるんで(笑)」

 シングル『ドリアン少年』の歌詞の主人公は、大好きな彼を友達に紹介したら、誰にもその魅力を理解されないという、周りとは全然センスが違う女の子。このキャラクターが、当て書きではないかと思うぐらい須藤自身に似ているのだという。「ちっちゃい時から周りと全然違いましたね、趣味嗜好も、好きになる人も。むちゃくちゃヘンな子って言われてました。熱が出たときに“何が食べたい? プリン? 冷凍ブルーベリー?”って聞かれたんですけど、“帆立の貝ひも…”って言って、超ビックリされました」

 “ブサイク”でも“イケメン”でも、好きになってしまえば自分のプリンスだと歌う『ドリアン少年』を、須藤は哲学的だと解釈する。「この歌詞では『実存哲学』っていう種類のことを言っていて。私が好きな哲学者は、だいたい実存哲学の人なので、歌詞を読んだときは嬉しかったです。私の大好物ですね!」

 そして、NMB48にとっても『ナギイチ』『僕らのユリイカ』に続く大事な夏曲について「今回は水着の『ザ・夏曲』ということで。NMB48メンバーの素晴らしい『肉体美』を見せるとともに、NMB48の弾けた感じをアピールしていきたいです。インパクトのある歌詞で、ネタ曲とも言われるんですけど、ライブや公演でやったらみんなが盛り上がるような素敵な曲なので、NMB48を代表する曲として浸透するように、この夏ドリアンブームを巻き起こせるように頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

 須藤凜々花が哲学、麻雀、NMB48について語ったインタビューの全文は、オーディション情報サイト「デビュー」に掲載中だ。

到達率が大幅アップするメール配信 VPS-NEO

 本日7月9日は「ノーブラの日」――聞きなれない記念日だが、その名の通りブラジャーを着けずに過ごそう、という日だという。ネット上でも話題になっており、NMB48の渡辺美優紀も「ノーブラで過ごしましょう」と呼びかけている。

 2011年頃にアメリカで始まったというこの記念日。まだ日本ではさほど浸透していないようで、俳優の新井浩文はTwitterで「嘘だろ!?ノーブラの日!?確認させてくれ」と半信半疑。作家の乙武洋匡氏も「そんな大事な記念日を知らなかったなんて…」とつぶやいているが、Twitterでは「ノーブラの日」というワードがトレンド入りしており、話題になっている。

 芸能人も多数反応しており、モデルの益若つばさは「7月9日。 世界的にノーブラの日 日本的には鈴木奈々の誕生日。ふむふむ」とツイート。玉城ティナも「ノーブラの日ですか?ほう」と反応している。

 渡辺が「今日は世界ノーブラデーなんですね。へぇ~。 みなさん、ノーブラで過ごしましょう」と呼びかけ、同じくNMBの谷川愛梨が「はーい。谷川愛梨は世界ノーブラ運動を支援しますw」と反応すると、渡辺は「愛梨ちゃんが毎日NOぶらなのは有名」と明かした。

 また、叶姉妹の妹・叶美香によれば、姉・叶恭子は「姉のBODYは基本的にはいつも『ノーブラ&ノーパンティー』下着を着けておりませんよ…」とのことだ。


 AKB48の柏木由紀さん(23)が「週刊文春」に掲載された浴衣抱擁写真について沈黙を続ける中、お相手であるNEWSの手越祐也さん(27)が「神対応」をみせた。

「ゆきりん・手越」問題に燃料投下? NMBメンバー発言に激震走る

 2015年7月2日発売の週刊文春によると、手越さんは同誌の直撃取材に応じ、記者が繰り出す「ゆきりん」関連の質問に堂々と答えた。インターネット上ではその「潔い姿勢」に称賛の声が集まっている。

■付き人を「いいから」と制止

 同誌が取材を試みたのは、抱擁写真掲載から約2週間が経った6月26日のこと。記事によれば「ミュージックステーションSP」(テレビ朝日系)終了後、飲食店から出てきたところを直撃したという。

 報道後、柏木さんはツイッターの更新をストップし、16日に突然再開するも騒動はスルー。その後も「だんまり」を貫いている。

 だが、手越さんは違った。

 記者がNEWSの新曲「チュムチュム」に絡めて「柏木さんとチュムチュム(チュムはインドの言葉でキスを意味する)したのか」と尋ねると、

  「逆にないからつまんないッスよねー」
  「してないッスね、残念ながら」

などと答えたというのだ。終始笑顔で対応し、付き人が取材を止めようとした際には「いいから」と制止までしたという。

「てごしくんっぽくって笑った」「マジかっけーっす!」

 もっとも、2人の関係については明言を避け、「事務所に聞いてほしい」などとかわしており、双方ファンのモヤモヤは完全に晴れたわけではない。

 だが、「逆にないからつまんないッスよねー」という回答にも表れている「モテ男」「プレイボーイ」然とした潔さが好感度アップにつながったようだ。

 インターネット上には、

  「てごにゃん本当に頭がおかしい(褒めてる)」
  「コメントてごしくんっぽくって笑った(笑)」
  「手越先輩さすがすぎて、逆に手越先輩かっこいいっす...!」
  「手越はプロだなぁwだんまり決め込む柏木由紀より対応が良いわ」
  「手越さんマジかっけーっす!! 」

といった声が続々と寄せられている。

 手越さんといえば、6月10日放送のラジオ番組「テゴマスのらじお」(MBSラジオ)の中で披露した自身の恋愛観が「ぶっ飛んでいて清々しい」などと称賛を集めたばかりだ。

 ラジオでは不倫に悩む女性からの相談を受け、

  「付き合うって、なんでそんなみんな重く受け止めちゃうのかな?と思う。だって、別にそこには契約は何も発生してないじゃん。付き合ったとしても、片方が付き合ってないって言ったら解消されちゃうことじゃん」

などと語った。番組の放送日が問題の写真を掲載した週刊文春の発売日前日だったため、インターネット上ではことさら注目を集めたようだ。

このページのトップヘ